歯の詰め物が取れてしまったら

2016年12月01日

ガムや硬い食べ物を食べている時など、むし歯の治療痕(インレー)から詰め物が取れてしまったことはありませんか?もちろん、ほっとくわけにはいきませんが、歯医者に行く時間がとれないという方も多いのではないでしょうか。そんな時に気をつけたいことをご紹介します。

何が原因で取れてしまったのか?

インレーが取れてしまったのは、固いものを食べたから?取れてしまった時は、次のことを疑ってみてください。

1.セメントの劣化

歯とインレーはセメントで接着しています。
この場合、接着している材質の寿命が問題になってきます。この接着剤に損傷を与えるのが、振動や衝撃・急激な温度変化・酸性物質による浸食が考えられます。

2.二次カリエス(二次むし歯)

歯とインレーとの境目の接着剤部分が劣化などによって徐々に隙間ができると、ここからむし歯菌が侵入してくる場合があります。そうなると表面上では視認できない歯の内部でむし歯が進行し、歯が脆くなることでインレーが脱落する場合があります。

できるだけ早く受診しましょう

できれば、詰め物が取れた歯の側ではなるべく噛まないよう注意し、取れたものを自分でくっつけたりはしないように。

取れた詰め物を持って、可能な限り早く歯医者に行きましょう。そして清潔な状態で持っていくことをおすすめします。同じものを使えることがありますし、また新しい詰め物を作る際の参考にもなるからです。


薬用ハイドロキシアパタイト配合歯みがき剤

全てのアパガード商品には、サンギ独自のむし歯予防成分「薬用ハイドロキシアパタイト」が配合されています。「歯垢の吸着除去、歯表面のミクロの傷をうめる、歯から溶け出したミネラルを補給し再石灰化」この3つの作用でむし歯を予防。アパガードは、歯本来の健康的で美しい白い歯にします。