【歯ブラシ】 はぶらし

歯ブラシの名称 歯ブラシには様々な部位があります。
まず手で持つ把柄(はへい)部と毛の植えてある頭部(ヘッド)、その2つをつなぐ頸部があります。
さらにヘッドは、刷毛(はけ)があり、毛束、列、行、先端、後端と呼ばれています。

把柄部は握ったときに手にフィットするよう様々な形状が工夫されています。ヘッドに対して角度が付いていたり、指の位置を示す指当りが付いたものもあります。

頚部は、唇にあまり当らないように細くしたり、湾曲になったりしています。

刷毛と接する形状は、直線型、湾曲型、山切り型などに。毛先の形状は、水平、段切、先細など、メーカー各社から様々なものが発売されています。歯と歯ぐきのマッサージに重点をおいたもの、歯と歯の間がみがきやすいものなど、用途に応じて工夫されています。

また、毛の硬さは、かため、ふつう、やわらかめなどになっていて、毛束の列は3列や4列が多く、
歯間ブラシなどは1束植毛になっています。
 

歯ブラシの選び方 

歯ブラシは各部に色々な工夫されていますが、歯ブラシを選ぶ上で重要なことはみがき残しを防ぎ、口の中が隅々までみがけることです。そのためヘッドが小さめのものがおすすめです。

今お使いの歯ブラシは、一番奥の歯の後ろ側にちゃんと届きますか?狭いお口の中で動かしやすいですか?改めてお使いの歯ブラシを確認してみましょう。

歯ブラシは、背の方から見て毛先がはみ出てきたら取り替えましょう。交換時期の目安は約1ヶ月です。
歯ブラシは雑菌が繁殖しやすいので、ご使用後はきれいに洗い水気をよく切って保管しましょう。