【歯の着色汚れ】 ちゃくしょくよごれ

紅茶 着色といえば、身近な例で、たとえば毎日使っているカップや湯呑のうまく洗えないところには、いつのまにか頑固な汚れがついてしまいます。
これは、コーヒーやお茶に多く含まれているタンニンという成分によって起こります。

歯の表面にも全く同じような事が起ります。
タンニンはカルシウムや鉄のような金属イオンやタンパク質などと結びつきやすい性質なので、食品中に含まれるさまざまな色素や有機物を歯の表面に沈着させ、歯の着色汚れの原因の一つとなります。

また、赤ワインなどに含まれるポリフェノール、カレーの色素、タバコのヤニなど、色々な物質によっても、歯の表面に着色汚れが生じてしまいます。

特に歯の裏、歯と歯の間や歯と歯茎の境目など、歯みがきのしづらい部分、また歯の表面でも目に見えないざらざら(ミクロの傷)のところに着色汚れはつきやすいのです。

ですから、ついてしまった着色汚れが取れなくなる前に、毎食後に歯をていねいにみがいていつもきれいにしておくことが重要です。

定期健診で歯のクリーニングをしてもらえる歯科医院もありますので、調べてみては。
 

歯の変色

黄色っぽい、灰色っぽい、黒っぽい、白濁しているなど歯が変色している場合があります。歯の変色の原因は大きく分けて歯の内側からのものと外側からのものに分けられます。

外側からの変色の原因

コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどの飲食物、色素の強いカレーやミートソースなどの食べ物、喫煙、漢方薬の色素やうがい薬の色素などの着色汚れです。
その他、虫歯によるものがあります。初期むし歯(CO)は白くにごった色になり、さらに進行すると茶褐色や黒っぽくなってきます。


内側からの変色の原因

●加齢変化
歯の内側から黄色くなる原因の多くは加齢による変色です。歯には半透明のエナメル質の内側に象牙質という黄色い層があるのですが、さらにこの内側を歯の神経と血管が通っています。生えたての歯の象牙質は淡いクリーム色をしているのですが、肌の老化と同じで新陳代謝により年々この色が濃くなってきてしまいます。またエナメル質も毎日の歯磨きや歯軋り、毎日の食事などで薄くなり内側の象牙質の色が強くなってきてしまいます。

この二つの相互作用により歯の色が黄色くなってくるのです。また、紫外線によっても歯の色が濃くなることがあります。年齢とは関係なく歯の神経をとってしまったり神経が死んでしまったりした場合でも象牙質が茶色に変色してきます。これは歯に栄養が行き渡らなくなったためで、一種の老化現象とい
えます。

●抗生物質(テトラサイクリン)
テトラサイクリンという抗生剤によっても象牙質の色が変色します。永久歯の象牙質ができてくる乳児から7歳くらいの間にこの薬を長期間飲むと象牙質に色素が沈着してしまい歯の色がかなり濃くなったり歯に縞模様ができたりします。

色は薬の種類によってグレーや茶色、オレンジ色などさまざま。いずれにしても色が濃い場合には歯のクリーニングやホワイトニングだけでは白くする事が難しい場合があります。この他にも全身疾患によって歯の色が変わってしまうことがあります。

●フッ素
エナメル質の形成期に多量のフッ素を摂取すると、歯に白い斑点ができたり、一部分が茶褐色に変色することがあります。この白斑はホワイトニングを行うことによって逆に目立ってしまう場合があり注意が必要です。軽い場合はホワイトニングで改善できますが、白斑が大きい場合や茶褐色が強い場合にはホワイトニングで白くならないことがあります。

内側からの変色は、歯みがき剤では変化させることができません。専門の審美歯科医院でご相談されることをおすすめいたします。