口腔内のトラブル

口臭・むし歯・歯肉炎など、お口のトラブルについて集めたカテゴリーです。

五十音順でリストアップされています。

【口臭】 こうしゅう

口臭人と話しているとき、自分の口臭が気になり口元を押さえてしまうことがあります。その口臭は、大まかに食べ物により口臭、生理的口臭、病的口臭の3つに分けられます。 まず食べ物による口臭というのは、ニンニクやアルコールなどを摂取したときに現れる一時的な口臭です。
 

詳細ページへ

【歯周病】 ししゅうびょう

歯周病「歯周病」とは、「歯肉炎」と「歯槽膿漏(しそうのうろう)」の総称です。
 

詳細ページへ

【歯の着色汚れ】 ちゃくしょくよごれ

紅茶着色といえば、身近な例で、たとえば毎日使っているカップや湯呑のうまく洗えないところには、いつのまにか頑固な汚れがついてしまいます。これは、コーヒーやお茶に多く含まれているタンニンという成分によって起こります。 歯の表面にも全く同じような事が起ります。
 

詳細ページへ

【知覚過敏】 ちかくかびん

知覚過敏とは、冷たいものを飲んだり、酸味の強いものを食べたり、また歯ブラシでブラッシングしている時に毛先がふれた際などにむし歯でもないのにズキッとしみる痛みをいいます。正式名称は「象牙質知覚過敏症」。
 

詳細ページへ

【歯の微小欠損】 びしょうけっそん

微小欠損歯のエナメル質は、体の中でもっとも硬い組織として知られていますが、実は以外とデリケートなものです。舌でさわると、その表面がスムースに感じますが、健康な歯でもその表面に無数のミクロの傷が付いています。

詳細ページへ

【むし歯】 むしば

むし歯(虫歯、う蝕、齲蝕)とは、むし歯の主な原因菌とされるミュータンス菌が作り出すプラークから発生する酸により、歯が溶かされ(脱灰)穴の開いた状態をいいます。通常は脱灰の状態から、唾液の再石灰化(再結晶化)の働きにより元の状態に戻されますが、再石灰化が脱灰に追いつかなくなった時、歯のエナメル質に穴が開き、むし歯の状態になってしまいます。
 

詳細ページへ