健康面から考える防災のそなえ

東日本大震災を機に、防災グッズを揃えられた方も多いと思います。まずは水、非常食、医薬品、携帯ラジオや懐中電灯など最低限の防災グッズを準備することが大切です。その次に、ぜひオーラルケア用品も検討してください。

お口の細菌がもとで 誤嚥性肺炎 に

過去の震災では、オーラルケアができなかったことで、お口の中の衛生状態が悪くなり、体調を崩された方が多かったと聞きます。

口腔内にはたくさんの細菌がいて、歯をみがかないと、この細菌は増えていきます。
高齢者の場合、免疫能が低下しているところに、口腔内の細菌を多く含んだ唾液が気管や肺に入りこむことで、肺に炎症が起こってしまう 「 誤嚥性肺炎 」 を引き起こすこともあります。

全身の健康にもかかわる、お口の状態

オーラルケアにより口腔内を清潔に保つことは、全身の健康を保つためにも大切です。
また、いつものアイテムがそばにあるだけでも、慣れない環境では心がやすまると聞きます。

これを機に、いつもお使いの歯ブラシ(家族分)や歯みがき剤、歯間ブラシ、フロスに加え、水が手に入りにくい場合に活躍する液体歯みがきや洗口液も、ぜひ防災グッズに加えてはいかがでしょうか?

【関連商品】アパガードオフィス&トラベルセット

外出先でもいつものアパガードでケアができるよう、アパガードには、外出先で便利な携帯歯みがきセットがあります。歯みがき剤は20gと少なめ容量なので、アパガードを使ってみたいけど、大きな商品を購入するのは不安という方にもおすすめです。