【むし歯予防】 むしばよぼう

むし歯予防

むし歯のでき方 むし歯は、いろいろな要因が複雑に絡み合って起きる病気です。むし歯に関しては、カイスという研究者がむし歯にかかる因子を3つ(1.、2.細菌、3.食べ物)挙げ、この3つの要因が全て重なり合なりあったときに起こることを提唱しました。
最近ではこの3つの要因に時間の経過が加わり、むし歯を引き起こすことが知られています。


1.歯
当然ですが、歯が無ければむし歯は出来ません。

2.細菌
口の中には多くの種類の細菌が棲んでいますが、その中でもミュータンス菌と呼ばれるむし歯の原因菌が棲んでいるとむし歯になることが明らかになっています。

3.食べ物
ヒトが摂取する糖分が、むし歯菌を成長させる栄養分になっていることが分かっています。


この3つの要因が全て揃わないとむし歯にはならないので、極端なことを言ってしまえば、砂糖の入ったお菓子をどんなに食べても、全く歯をみがかなくても口の中にむし歯菌がいなければむし歯にはならないのです。

逆に、口の中がむし歯菌でいっぱいだとしても、(現実的には無理なことですが)むし歯の原因になる食べ物(甘い物だけではありません)を全く食べなければ、やはりむし歯にはなりません。

3つの条件のうちのどれかをなくすことは現実的には難しいので、この3つの条件の輪を小さくし、時間の経過を短くすることでむし歯予防ができます。
 

むし歯の要因 1.歯

歯の質(強さ)、唾液の性質、歯並び、年齢などの条件が関係してきます。

歯の質を強くするためには、フッ素が有効であることが知られています。フッ素は歯の主成分であるハイドロキシアパタイトに作用して、フルオロアパタイトを作ります。これにより、歯の表面で細菌が作り出す酸に対する抵抗性を向上させます。

歯にフッ素を塗ることで、ある程度はむし歯に対する防衛力を増すことは可能ですが、これだけでは完全にむし歯を予防することは出来ません。

唾液の性質が悪かったり、流量が少ないと口の中の洗浄効果が期待できませんし、また、歯並びが悪くても口の中にいわゆる「食べカス」が残りやすいので、歯並びもむし歯の予防には重要なのです。

歯が生えたばかりの小さい子どもは、エナメル質が完全に成熟しておらず酸に対する抵抗力が弱いので、みがき残しやすい奥歯の噛み合わせの部分を樹脂やセメントで封鎖してしまう予防措置(フィッシャーシーラント)もあります。
 

むし歯の要因 2.細菌

むし歯を引き起こす主な細菌はミュータンス菌です。

口の中のミュータンス菌の数とむし歯のなりやすさには関連があり、ミュータンス菌の数が多いとむし歯になりやすいことが知られていますので、これらの菌を少しでも減らすことが重要です。

菌を減らすためには、歯ブラシを使った日々の歯みがきがとても重要です。殺菌剤の入った洗口剤なども有効ですが、歯みがきがきちんとできていないと汚れが邪魔をして洗口剤の効果が十分に発揮されません。

菌の棲み家である歯垢は、歯の噛み合わせの部分の溝、歯と歯の間、歯と歯茎との境目、歯並びが良くないなど、歯ブラシの届きにくい清掃困難な歯面に付着しやすいので、気を付けてみがくことが大切です。

自分でみがいているだけでは十分にみがけているかどうか不安だと思う場合は、歯科医院でブラッシングの指導を受けたり、クリーニングをしてもらうこともよいと思います。
 

むし歯の要因 3.食べ物

むし歯菌のミュータンス菌は糖分を栄養源としています。

食べ物に含まれている糖分が口の中に入ってくるとミュータンス菌の活動が強まり、菌の数を増やすために糖分を取り込み、分解してエネルギーと酸を作り出します。このミュータンス菌の作り出す酸によって歯が溶かされて、むし歯になります。

一般的に、細菌は糖分からエネルギーと酸を作り出しますが、キシリトールのような代用甘味料と呼ばれる糖分を取り込んだ場合では、細菌はこれらを作り出すことが出来ません。

細菌の体内では代用甘味料を分解することが出来ないからです。ですから、むし歯の予防には砂糖等の代わりに代用甘味料を使った食品を摂取することは有効です。

また、細菌が代用甘味料を取り込むと、エネルギーを取り出すことが出来ないので、自身のエネルギーを費やすことになってしまいます。その結果、だんだんとその数が減少していく効果もあります。

食べ物から完全にむし歯を誘発する糖分を取り除くことは不可能なことですので、1日3回の食事にまで代用甘味料を考える必要はなく、間食等には代用甘味料を積極的に摂取することが良いのではないでしょうか。

また、食べ物を摂取する回数もむし歯の予防には重要です。食べ物を摂取すると口の中のpHが低下するので、歯の表面からカルシウムやリン酸が溶け出していきます。これを「脱灰」と言いますが、この状態が長く続くと初期むし歯になり、次第に穴の開いたむし歯へと進行してしまいます。

しかし、口の中では唾液の緩衝作用という酸性から中性へと少しずつ戻っていく作用があります。カルシウムとリン酸が溶け出すのを抑えるのと同時に、脱灰した歯にカルシウムとリン酸を供給して歯を修復して健康な状態へと戻していきます。これを「再石灰化」と言います。

歯みがき剤に配合される、むし歯予防効果のある薬用成分「フッ素」は再石灰化を促進し、
薬用ハイドロキシアパタイト」はこの成分自体で再石灰化します。

唾液は、むし歯を予防してくれる能力を持っていますが、時間を決めずにダラダラ食いをしていては口の中が常にむし歯になりやすい状態になってしまいます。砂糖の量を制限することも大事ですが、規則正しく時間を決めて食事を取りその後の歯みがきを習慣づけることがとても大切です。
 

⇒⇒「むし歯」の詳細はこちら