【歯みがき剤】 はみがきざい

歯みがき剤 歯みがきという言葉には、歯みがき剤(粉)を表す場合と、歯をみがく行動を表す場合の2つの意味があります。ここでは、歯みがき剤(歯磨剤)について記載していきます。
 

歯みがき剤(歯磨剤)の歴史

人類史上最初の歯みがき剤は、今から約3550年前の古代エジプト時代の世界最古の医学書「パピルス・エーベルス」に記載されている歯みがき剤(粉歯磨、練り歯磨)といわれています。また古代ギリシア、ローマ、インド、中国、ヨーロッパでも歯みがき剤の記録があり、歯みがき剤が使用されていたことが分かっています。
日本では、インドや中国からの仏教の伝来とともに伝わったとされており、最初は、塩などでみがいていたようです。

現在の歯みがき剤の元祖とされているのは、江戸時代に丁字屋喜左衛門という商人が、朝鮮半島から渡来した人々から伝えられ、「丁字屋の歯みがき」として初めて販売した歯みがき剤とされています。

その後、さまざまな歯みがき剤が販売され、広く民衆に流行したようです。明治になると欧米から伝わった炭酸カルシウムを使用した歯みがき剤製造発売されるようになりました。

現在では、歯みがき剤には、薬用成分や発泡剤が配合されているので、これらの作用によって、効果的に汚れを取り除き、むし歯歯周病を予防することが出来ます。
 

歯みがき剤(歯磨剤)の形状

歯みがき剤には、粉体状の「粉歯みがき剤」、湿り気のある粉状の「潤製歯みがき剤」、ペースト状の「練り歯みがき剤」、流動性のある液状粘性の「液状歯みがき」、水とほぼ同じ粘性の「液体歯みがき剤」いった形状があります。