【知覚過敏】 ちかくかびん

知覚過敏とは、冷たいものを飲んだり、酸味の強いものを食べたり、またハブラシでブラッシングしている時に毛先がふれた際などに、むし歯でもないのにズキッとしみる痛みをいいます。正式名称は「象牙質知覚過敏症」。

知覚過敏のメカニズム

知覚過敏はその正式名称からもわかるように、歯の「象牙質」と深く関わりがあります。
歯の表面では「エナメル質」によって象牙質は守られていますが、そのエナメル質が削れてしまったり、また歯ぐきの退縮などにより歯根部が露出することで象牙質があらわになると、何らかの刺激が直接象牙質へ伝わるようになってしまいます。
その結果「しみる痛み」を感じるようになります。

象牙質には「象牙細管」と呼ばれる無数の細い管が、「歯髄(神経)」に向かって伸びています。象牙質が露出することでこの象牙細管の開口部は露出してしまいます。刺激は、この開口部から神経へ伝わるといわれています。
これが知覚過敏のメカニズムです。

知覚過敏の原因

知覚過敏が発症する原因には様々考えられますが、過度に力が入った間違ったブラッシング、食いしばりや、寝ている間の歯ぎしりなどで、エナメル質や歯ぐきを傷つけてしまっていることや、むし歯歯周病なども関係する場合があります。