歯みがきしているのに、むし歯になりやすいのはなぜ? | APAGARD

歯みがきしているのに、むし歯になりやすいのはなぜ?

「歯をみがいているのにむし歯になってしまった」。ショックですね。むし歯になるメカニズムと原因、ならないための予防についてお伝えします。

そもそもむし歯はどうやってできるの?

お口の中には目に見えないたくさんの細菌がいます。食事をすると、この細菌が食べ物の糖分をエサに歯垢(プラーク)を作ります。この歯垢の中で細菌が酸を産生し、歯のミネラル成分を溶かしていきます。

歯からミネラル分が溶け出してしまうことを脱灰(だっかい)といいますが、この状態が続いて修復できずに進行していくと、やがて歯に穴があき実際にむし歯となってしまいます。

歯みがきをしているのにむし歯になってしまうのは、上手く歯垢(プラーク)を除去できていなかったり、食後きちんと歯をみがかなかったために脱灰の状態が続いてしまっていることが原因かもしれません。

また、生まれつき歯が弱い、お口の中の細菌が多い、環境を整えてくれる唾液の量が少ない、間食が多い、などもむし歯になりやすさに関係します。お口の環境は人それぞれですが、基本のむし歯予防の知識はほとんどの人に有効です。正しい知識を身につけましょう。

むし歯予防の基本のき 脱灰を防いで再石灰化をする

むし歯にならないためには、まず、脱灰させないことが重要です。

歯垢(プラーク)は脱灰の原因となる細菌の温床ですので、正しい歯みがきでしっかり取り除きましょう。間食が多いとその分脱灰状態が長く続きますので、おやつなどは時間を決めてダラダラ食べないようにしましょう。

次に重要なのは、脱灰しても元に戻すことです。脱灰した部分を元に戻すには、溶け出したミネラル分を歯に補給すればいいのですが、これを再石灰化(さいせっかいか)といいます。

再石灰化をしてくれるものとしては、自然界では溶け出したミネラル分を含む唾液、歯みがき剤の成分として歯とほぼ同じ成分の薬用ハイドロキシアパタイト、または唾液の再石灰化を促してくれるフッ素などがあります。このような薬用成分の入った歯みがき剤をうまく利用するのも手です。

この脱灰・再石灰化を忘れずに、毎日のケアでむし歯を予防してくださいね。

薬用ハイドロキシアパタイト配合歯みがき剤

全てのアパガード商品には、サンギ独自のむし歯予防成分「薬用ハイドロキシアパタイト」が配合されています。「歯垢の吸着除去、歯表面のミクロの傷をうめる、歯から溶け出したミネラルを補給し再石灰化」この3つの作用でむし歯を予防。アパガードは、歯本来の健康的で美しい白い歯にします。

この記事をシェアする