親知らず | APAGARD

親知らず

永久歯の数は最初生えてくるときに28本。上下左右合計4本の「親知らず」を合わせると32本となります。親知らずは第三大臼歯(だいきゅうし)と言われ、大人になってから一番奥に生えてくる歯です。物事の分別ができる年頃に生えてくることから、「知恵歯」とも呼ばれています。

多くの人が悩む親知らず

親知らずは4本全て生えそろわない人やまったく生えてこない人もいますが、多くの人がこの歯に苦しんでいます。

なぜなら、生えてくる向きが悪かったり顎が狭くて、隣の歯を圧迫して痛みが出ることがあります。また歯みがきがいき届かず、むし歯になってしまったり、口臭の原因につながることもあります。

親知らずが生えてきた際に自分でできる歯のみがき方をご紹介します。まずどんなケースがあるかを見てみましょう。

生え方の違う親知らず3種

ひとえに親知らずと言っても、その生え方は大きく分けて3パターンになります。

1.他の歯と同じように真っ直ぐに生えている
生えてくるスペースさえあれば、特に問題はありません。

2.傾いているため隣の歯にぶつかってしまっている
隣の歯との間によごれが溜まりやすく、むし歯リスクが高くなります。

3.歯ぐきの中に一部埋もれてしまっている
顔を出している歯と歯ぐきの境目に袋状の隙間ができ、歯垢が溜まりやすくなります。

この3つ以外にも、顎の骨に完全に埋まって見えていない場合もあり、顎の中で隣の歯の根や骨自体を押して痛みを起こすときには、抜歯が必要と判断されることもあります。

3つの生え方はそれぞれに汚れの溜まりやすい場所が異なり、そのうえどれも普通にみがいてもなかなか歯垢を取り除くことが難しく、むし歯を始めとするさまざまな口内トラブルを招く原因となっています。

それぞれの親知らずに合ったみがき方

1のまっすぐ生えている場合
親知らず自体の溝と、隣接した歯との間にたまる歯垢に注意が必要です。普通にみがくだけでは歯ブラシが届きにくいので、鏡を使い歯ブラシが届いているかを確認しながらしっかりみがきましょう。特に見えない歯の奥側面と歯ぐきの間は注意が必要です。

2の傾いて生えている場合
ぶつかってしまっている隣の歯とのすき間に、歯垢が溜まりやすくなります。歯ブラシを横方向に小刻みに動かしてみがきましょう。

3の歯ぐきに埋まって生えている場合
見えている歯の部分と歯ぐきの境目には袋状のスペースができていることもあり、歯垢が溜まりやすいので注意しましょう。
手前に隣接する歯もしっかりとみがき、隣からの歯垢の侵入を防ぐことで、歯ぐき内部の炎症を防ぐことができます。

以上のポイントを踏まえ、親知らずに対して真上と左右から小刻みにみがくと効果的です。

歯ブラシは狭い口腔内で角度を変えて動かしやすい、コンパクトなヘッド(毛先)がおすすめです。ワンタフトブラシや、歯間ブラシ、デンタルフロスといった補助的清掃用具の使用もいいでしょう。

アパガードクリスタル歯ブラシ

美しい透明なハンドルにクリスタルをあしらった歯ブラシ。
気持ち華やぐブラッシングタイムを演出します。

この記事をシェアする