トラブルが起こりやすい!妊娠中の歯のお手入れ方法 | APAGARD

トラブルが起こりやすい!妊娠中の歯のお手入れ方法

妊娠中は歯にトラブルが起こりやすいという事実をご存知ですか?お腹に赤ちゃんを抱えたママの体には妊娠前にはなかった変化が起きています。

妊娠中に歯のトラブルが起こりやすい理由

なぜ妊娠中は歯のトラブルが起きやすいのでしょうか。それには次のような要因があります。

  • 女性ホルモンの増加
    妊娠すると女性ホルモンが増加します。
    女性ホルモンには口腔内の歯周病原因菌やその他の菌の繁殖を促す作用があり、歯茎に炎症反応が起こりやすくなります。
  • つわり
    妊娠初期のつわりの時期は、歯みがきをすると気分が悪くなるという人が多いため歯みがきを怠りがちで、その結果むし歯や歯ぐきの炎症など、トラブルを起こしやすくなってしまうことがあります。
  • 妊娠中の食欲について
    つわりの時期には気持ち悪さを回避し頻繁に食事をしたり、つわりが終われば食欲が増して間食が増えたりします。
    口の中に食物が入っている時間が長くなると、口腔内はトラブルを起こしやすい環境になります。

ママの歯周病が赤ちゃんに与える影響とは?

妊娠中は歯周病になりやすくなりますが、実はこれはママだけの問題ではありません。
ママが歯周病を患っていると、おなかの子どもに影響を及ぼしかねないのです。

まず、歯周病は感染症の一種であり、ママの胎盤を通しておなかの赤ちゃんに感染することがありうると言われています。

また歯周病は早産を引き起こす原因の一つとも言われています。
炎症が重症化することで、その炎症性の物質が子宮収縮物質の再生を促します。そうなると出産の準備が整ったとみなされ、子宮の収縮や陣痛が予定より早く始まり、早産を引き起こすことがあるのです。

妊娠中の予防

ですから妊娠中、しっかり予防することが何より重要です。
歯みがきが大事なのは当然ですが、つわりなど歯をみがくことがつらい時には、以下のような方法をオススメします。

  • 歯みがき剤は匂いや刺激が少ないものを使う
  • 歯みがき剤がだめであればブラッシングのみ行う
  • 歯みがきが辛い時はうがいをする
  • うがいもできなければ氷をなめる

つわりがなくなり歯みがきが無理なくできるようになれば、歯科医院を受診し歯の状態をチェックしてもらいましょう。

妊娠中の歯のトラブルは自分だけでなく、赤ちゃんにも影響がありうるので注意しましょう。
しっかりケアできるアイテムを取り入れ、自分の健康を守り、健やかな状態で元気な赤ちゃんを出産できるようにしましょう。

自分に合った歯みがきを!
アパガード商品ラインナップ

アパガードの大人向け商品は、ミントがマイルド。子供向け商品は低発泡です。様々なラインナップから、お好みの歯みがき剤を見つけてください。

この記事をシェアする