放置してはだめ!乳歯のむし歯が子どもに与える影響 | APAGARD

放置してはだめ!乳歯のむし歯が子どもに与える影響

乳歯は永久歯に生え変わるからむし歯になって放っておいても大丈夫、そう考えていませんか。実は、乳歯のむし歯には今後の成長に影響があります。今回は、その影響についてご紹介します。

乳歯のむし歯が子どもに与える影響

■永久歯もむし歯になる

乳歯のむし歯が進行すると、歯の根っこにまでむし歯菌が到達し、そこで膿となって溜まります。

永久歯は乳歯の真下から生えてきますが、そうなると溜まった膿を通ることになるのでむし歯菌を持った永久歯が生えてきてしまいます。こうして永久歯もむし歯になってしまうことがあります。

■かむ機能・身体の発育を妨げる

むし歯は痛みがあるので、その痛みを避けるためにむし歯になっていないほうの歯でかむ癖がつくことがあります。痛くないほうの歯もむし歯になると、極端な場合にはかまずに飲み込むようになります。乳歯時期の下あごはかむことによって発達しますが、かまなくなることで顎の発育に支障をきたすこともあるのです。

また、歯が痛くなると食欲がなくなったり偏食になったりすることも。柔らかい食べ物など食べやすいものばがり食べようとするので、栄養バランスが崩れてしまいます。そうなると、身長・体重など身体の発育を妨げることにもつながりかねません。

■永久歯の歯並びを悪くする

乳歯がむし歯になり自然より早く抜け落ちてしまうと、その箇所がスペースになるのが早すぎます。

そのスペースに永久歯が生えてきますが、本来より早く抜け長い間スペースが開いている状態だと、両隣の歯がそのスペースに寄ってきます。そうなると永久歯の生えるスペースがなくなり、正しい位置に歯が生えず歯並びの悪化につながることもあるのです。

むし歯は歯だけでなく、見えない所で身体にも悪影響を及ぼす病気といえます。

歯みがきを丁寧に行いむし歯を予防し、もし万が一むし歯になったら必ず歯医者さんに行くようにしましょう。

おすすめの商品 アパガードアパキッズ

乳歯から永久歯への生えかわり期に、お子さまもみがきやすい泡立ち少なめ(低発泡)のペーストタイプ。
サンギ開発のむし歯予防成分 「薬用ハイドロキシアパタイト」を配合した、お子さまの歯をむし歯から守る薬用歯みがきです。

この記事をシェアする